相続・遺産承継

預貯金の解約・名義変更

預貯金の解約・名義変更とは

金融機関に預貯金の口座名義人が亡くなったことを通知すると、口座が凍結され、預貯金等の引き出し、ガスや電気等の各種料金の引き落とし、入金の取り扱いが出来なくなります。そのため、相続人全員の同意のもとで預貯金を解約し払い戻しをするか、または相続人への名義変更手続きを行う必要があります。

解約・名義変更手続きの期限

特に期限等はありませんが、口座が凍結されている限り、預貯金を使用することができません。
また、金融機関が被相続人のお亡くなりになった事実を知らない間は、被相続人名義の口座から出入金をすることは出来ますが、使途の不明なお金が口座から引き出されていた場合、その後の相続手続きの中で相続人間でのトラブルの原因となりかねません。できる限り、早めに手続をすることをおすすめします。

ご用意いただく書類等 (一例・ケースにより異なります)

  • 預金通帳、キャッシュカード
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
  • 被相続人の住民票の除票(または戸籍の附票)
  • 相続人全員の現在の戸籍謄本又は抄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 相続人全員の身分証明書(運転免許証・マイナンバーカードなど)のコピー
  • 相続人全員の実印

手続きの流れ

各種金融機関に対応
銀行だけでなく、信用金庫や郵便貯金等も承ります

  • お問い合わせ

    お問い合わせフォームまたはお電話でご連絡ください。

    1
  • お打ち合せ(ご来所)

    ご相続関係等をお伺いさせていただきます。被相続人の通帳やキャッシュカードがお手元にありましたら、お持ち下さい。

    2
  • お見積り・口座の調査・残高証明の取得

    見積書をお送りいたします。登記手続きの内容・費用にご納得いただけましたら、ご依頼ください。
    併せて、どこの金融機関にどれ位の預貯金があるのかもお調べいたします。

    3
  • 必要書類の収集・請求書の発送

    戸籍等必要書類や金融機関ごとの手続き依頼書の取得し、請求書を郵送いたします。

    4
  • 手続き依頼書へのご署名・ご返送、費用のご入金

    依頼書へご署名と押印をいただき、ご返送いただきます。

    5
  • 口座の凍結解除

    相続人への払戻しや口座振替が行われます。

    6

料金について

司法書士報酬(税込み) 金融機関手数料(実費)
金融機関口座
(1支店内すべての口座)
44,000円 1口座当たり 約1,000円
送料・交通費 約2,500円

よくあるご質問

払戻をうけられるまでどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

書類審査にかかる時間は各金融機関で違いますが、正式に依頼書を提出してからは、平均的に1~2週間程度で払い戻しが行われます。ただ、金融機関の合併前の口座等で調査に1か月程要する場合もあります。正式に依頼書を金融機関に提出するまでに戸籍謄本等、必要書類の取得に日数を要する場合もありますのでご了承下さい。

オンラインでの
全国対応が可能です

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ 採用情報
矢印