HOMEへ戻る

TOPへ戻る

不動産登記のこと 画像

不動産登記のこと

不動産登記

不動産の売買時には登記が必要です。

登記をすることで、買主様の権利が守られます。

不動産を新たに取得した場合、所有権移転登記をしなければ、第三者に自分がこの不動産を所有していることを主張できません。
たとえば不動産を購入する場合、不動産の仲介業者を通じて様々な手続を行いますが、 手続の最後は、仲介業者と司法書士立会いのもと、売主と買主が書類や鍵などの引渡しと代金の支払い(決済)を行い、 司法書士が法務局へ所有権移転登記の申請をおこないます。これは、お金をはらったのに登記されていない等のトラブルをさけるためです。
また、売買だけでなく、不動産を贈与される場合、 贈与契約書の作成から所有権移転登記の申請まで、安全に取引ができるようすべての過程を見守ります。
ぜひ一度、当司法書士事務所へご相談ください。

不動産登記の流れ

 

このような場合には、ご相談ください。

建物を新築した場合
相続・贈与・売買などにより不動産を取得した場合
不動産担保付き融資(住宅ローンなど)を受ける場合
不動産担保付き融資を完済した場合

 

不動産仲介業者様へ

不動産仲介業者様の取り扱う様々な業務をサポートいたします。

基本的な売買案件(抹消・移転・設定)はもちろんのこと、法律関係が複雑な案件まで、御社のご負担を最小限に抑え、最大限のパフォーマンスをご提供いたします。
その後の必要書類のお取り寄せ、関係書類の作成、登記申請までも、スピーディーに対応し、御社のお手間を煩わせることはありません。
不動産登記は、当司法書士事務所へご用命ください。

お申し込みはこちらへ

料金案内

良質なサービスをリーズナブルな価格で提供しております。

料金案内のページをご確認ください。